スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
Cabramatta
2006-10-02 Mon 00:29
※いつまで書いてんだって感じですがまだ先週の小旅行の続きです。ぷっ

梅子嬢のおうちにお泊りした翌日は、朝からCabramattaというベトナム街に行ってきました。

私が思うにチャイナタウンよりアジアな街です。こってこてです。Cabramattaにいるとここがオーストラリアだとは思えないほど。この日は偶然にもMoon Festival(日本でいう十五夜なのかな?)が行われていて屋台がいぱーい出ていました。そしてすごい人。

ただでさえ、いろんなアジアンのお店が所狭しと並んでいて見るのがたーいへんなのに(満面の笑みで)プラス屋台まであって、フミヨどこから見たらいいのぉぉぉ(馬鹿)な状態。

とりあえずこの日は暑かったというのに長袖着ちゃっててノドが乾いたので、前回Cabramattaに来た時に次回絶対に飲もう!と決めていたさとうきびジュースを購入。

20061005205231.jpg


目の前でガガガっと機械でさとうきびと絞ってくれます。もうこの写真の時点でオーストラリアは微塵も感じさせません。オレンジも一緒に絞ってあって自然な甘さで美味。

ジュースをズズズっとやりながら屋台で銘々に好きなものを買いランチを堪能・・・のはずがっ。

20061005205259.jpg

ぺーきーんーだっくーーー。(北京ダック)

おじさんがあひるちゃんにジュージュー油を掛けていて、いい香りがたまらん。てか、まさか屋台で北京ダック!!!

もうここは全くもってアジア。オーストラリアな要素ナッシング。オーストラリアにいながらにしてアジアも堪能出来てあら、素敵。(しつこい)

あー、残念・・・既に他の屋台でランチしちゃった・・・なんてことを私達が思うはずはなく早速列に並びました。

北京ダックは1つ$3、2つで$5で売っていて、日本の中国料理レストランで食べるのと同じように白いクレープのような薄い奴に北京ダック&ねぎ&きゅうり&特製ダレを乗せてくるっと巻いてお皿に入れて出してくれます。

みんなでひとつづつ食べました。(まあ、私はその後もう2つ更に買いました、ええ)

北京ダックの写真も撮っておけばよかったのですが・・・昨日からの梅子嬢宅へのお泊り&充電器持って来てない&携帯カメラ使いすぎのため充電なくなっちゃったよ!えへへ。

そして今日梅子嬢宅へお泊りけてーいな一行は夜のお鍋の材料を買い込みお家へ帰りましたとさ。

とりあえず、これだけは充電が切れる前に写真に納めておいてよかったです。(素敵すぎる画像のため見たい人だけ「続きを読む」をぽちっとするといいと思います。この写真についての苦情は受け付けません。笑)
Cabramatta…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Hunter Valley 宿<酒
2006-10-01 Sun 23:43
今晩のBBQ用のワインも買ったし(昨日の日記参照)次は今晩のBBQの買出しにスーパーへ。



↑買い物を楽しむ旦那とダニさん。

20061002234309.jpg

↑男性陣が買い物を楽しんでいる間、待ちきれずに肉の塊に食らいつく梅子嬢。(あなた何してもかわいいのね♪)

まあ、この辺りまではこれから先のBBQを思ってみんなルンルン♪だったのですが・・・探せど探せどモーテルが見つからねーーー。

16:00頃からモーテルめぐりを始めたのですが、隣町、そのまた隣町、そして海の近くならモーテルいっぱいあるかもと海まで車を走らせるも・・・全滅。

やっぱり先に宿を見つけるべきだったぁ。インフォメーションセンターで情報をチェックした後、旦那がちょろっと「先に宿探す?」的発言をしたのですが・・・実はお恥ずかしいことに私と梅子嬢は1番最初に行ったワインテイスティングでIDが無いことを理由にテイスティングを断わられてしまったのです。むきぃぃぃ!

ありえない!ハンターバレーで酒飲まずに何をするっ!!!めちゃテンションさーがーるー。

IDを持ってない私たちはありとあらゆるカード(キャッシュカード、クレジットカード、しまいにはスターシティ(カジノ)のカード)を取り出す始末。

だって、だって、スターシティのカードって必ずID見せて20歳以上じゃないと作れないのでこれって成人の証明じゃないのぉぉぉ?はぁはぁ、ぜぃぜぃ。

で、「なんでこの男性陣はID見せなくていいわけ?」なんて軽く絡んでみましたが(必死だな)彼らは25歳以上に見えるからOKなんだって。

とにかく何が何でも試飲する!試飲出来るワイナリーを探すのだぁと変な方向にテンションがあがり、宿を探さずにワイナリーを巡ることになったのです。あはっ。

結果5時間も宿を探し・・・宿見つからずっ!

いつまでもグルグルしてるわけにもいかないので(買ったオイスターだって気になるし)今回は潔く引き返し梅子嬢のおうちでBBQあーんどお泊りということにあいなりました。

梅子嬢のおうちに着いたのが夜22:00すぎ。
みんな疲れているはずなのに妙にハイテンションで料理の手際がいいっ。(笑)

ここで私が一声!

20061002235732.jpg

「郁恵と井森のーーー?」

20061002234854.jpg

全員「デリデリキッチーン!」

はい、よく出来ましたーーー。(笑)

20061005203458.jpg

所要時間約30分。(早っ)

そして、気合いの入った旦那がお泊り用にと持って来ていたトランプと花札で盛り上がりながーい1日は幕を閉じましたとさ。

※ひとりで運転した旦那、ありがとぉぉぉ。
別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Hunter Valley
2006-09-30 Sat 21:06
去年に引き続き今年もハンターバレーに行ってきました。
今回のメンバーは旦那・梅子嬢(仮名・ちっこくてかわいい♪)・梅子嬢の彼のダニさん(仮名・日本語は話せないけど100%に近く日本語をリスニングで理解出来るというスーパーな人)・えりりん(仮名・お上品な雰囲気の持ち主・背ぃ高仲間)・私の5人。

20061002195439.jpg

↑ハンターバレーのインフォメーションセンターにて。(基本的に旅行者はまずここで広いハンターバレーの情報や地図を手に入れます)ここに飾ってあった『Tyrrell's』のMurray D. Terrellの肖像画と一緒にパチリ。ちなみにおじさんが「ちっ」的な小憎たらしい顔をしているので、その真似をしています。ちっ。

20061002195502.jpg

↑こちらもインフォメーションセンターにて。この樽には3つのシュポシュポするハンドルがついていて、ハンドルをシュポシュポするとそれぞれ違ったワインの3つのアロマ(匂い)がかげます。シュポシュポ。

20061002195531.jpg

↑オリーブフェスティバルにてオイスター屋のおじさんと。参加料無料でいろんなオリーブを使った食材が試食出来るのー。オリーブフェスティバルなのに何故かオイスター屋さんがあったのー。さすがオイスターは試食なしだろうと思っていると「食べてみる?」とおじさんがまだ生きている牡蠣をナイフで開けてくれました。美味いっ!この親切ぶりと美味さに惚れ、今晩のBBQ用にと生牡蠣を2ダズン(24個)購入。

20061002210851.jpg

↑私の大好きなワイナリーのひとつ『Tyrrell's』のテイスティング蔵の前にて。まぶしすぎてみんなしかめっつら。(※梅子嬢に合わせてこの日はヒールなしのベタ靴で行ったのに・・・この身長差っ)



↑こちらは『Tyrrell's』の現在は使用されていない蔵。ここのワイナリーにはハンターバレーで1番古い蔵があります。ちなみに『Vat1』『Vat47』『Vat9』が有名。シラーズが大好きな梅子嬢はここで『Vat9』を購入★

20061002195621.jpg

↑現在稼動中の『Tyrrell's』ワイン蔵。誰の付き添いもなく普通にオージーのカップルが入っていったので「入れるんだー」とスタスタ入って行ったら梅子嬢の彼に「ここ有料って書いてあるよ」と止められました。勝手に入ってごめんなさい。写真も撮ってごめんなさい。

20061002195554.jpg

↑『De Bortoli Wines』のおじさんと。今回1番最初に入ったワイナリー。シラーズが美味。でもまだ最初だからと閉店時間だけ聞きとりあえずは退散。ひと通りワイナリーをまわった後、最終的にまたシラーズだけを買いに戻りました。ちょっとイギリスちっくな皮肉のきいたユーモアがお得意の素敵なおじさん。

20061002213650.jpg

↑今晩のBBQ用にと購入した3本。左から『Tyrrell's Stevens セミヨン』『Moon Mountain シャルドネ』『De Bortoli Huter Valley シラーズ』

ここまでは旅は順調に進みましたが・・・この先が大変だったぁぁぁ!この続きはまた次回。(と言っても明日から土曜日まで忙しいのでいつになることやら)
別窓 | 旅行 | コメント:4 | トラックバック:0 |
ベトナムでの注意事項
2005-10-04 Tue 12:03
なんだかベトナムで検索して来られる方がいるようなので追記。

『ベトナム日記』
『また日常のはじまりはじまり』

以上ふたつは私のすこぶる役に立たない(←ここ重要)ベトナム録です。

そして今回の追記。

ベトナムではDVDやCDがUS$1くらいで買う事が出来ます、出来ますがっ!
ベトナム出国の際チェックインカウンター手前で黄色い(確か黄色だったと思う)紙を渡されます。そこには英語で・・・(以下思いっきり要約)

『ベトナムでDVD・CD・VCDを買った人は今申告して下さい。ここで申告せずにここを過ぎてから見つかったら罰金○○○ドル取っちゃうぞ、このやろー』

と書かれています。確か英語の他に中国語やベトナム語でも書いてあったと思いますが日本語での表記はないです。

恐らく海賊版流出防止のためだと思われるので公式に発売されているものなら大丈夫かと思うのですが、やたらめったら手を出さないのが吉と思われ。(あ、でも私も持ち込んだことはないので公式発売なら絶対に面倒な手続きはいらないのかは分からないです、ごめんなさい)

※なんでベトナムまで来て言葉も分からないDVDとか買うんだよって思う方もいるかもしれませんが、アメリカの音楽のDVDとかだったらベトナム語字幕がついてようが歌はそのまんま英語だから普通に日本で高く買うより同じ映像・音楽が安く手に入るってな具合だと思うです。

もっと楽しい話書けよーって自分でも思わなくもないですが、とにかく他所の国に行くんだもの注意しておいて損はないです。

Have a nice trip!
別窓 | 旅行 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ソフトモヒカンAUS |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。