スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
まったり更新(※追記あり)
2006-02-14 Tue 21:02
なにやらね、うちの会社でマネージャー掲示板なる会員制の掲示板がもうけられちゃったりして、おうちでもお仕事状況がチェック出来るのよ。えへ。

っておうちでも仕事しろってことですか?(棒読みで)

そんな感じでおうちに帰ると、掲示板やメールチェックしてるか、反対にボケ-っとテレビ見て(眺めて)タイムアウト(寝る時間)になっちゃう日々を送っております。

そんな最近のフミヨさんが感動したテレビ。

■コリアンドラマの『ホテリアー』
ぺ(ヨンジュン)の足の長さに感動!
顔のアップはノーコメントなものの(ドウランよれすぎ)カメラが引いて全身映った時の足の長さといったらもうっ。ぺのくせに!ぺのくせに!(失礼すぎ)

■『1リットルの涙』
か、悲しすぎるぅぅぅ。
これを借りた時「絶対仕事の前に見ちゃダメよ、仕事が休みの前日に見てね」と忠告を受けたのですが、泣きすぎて翌日ぼっこり目が腫れました。これを見て健康のありがたさをあらためて実感。普段から健康の素晴らしさは感じているつもりだったんだけど、あらためて再確認してるあたり私も健康ボケしてるひとりだったんだなと思いマスタ。ホントに情けない。健康大事。やれる時にやれる事を頑張らねば!なんて思って翌日私にしては珍しく「英文法」の本なんて買ってみましたよっと。ぷ。(今更?と思う人もいるかもしれませんが文法大事。文法なしには綺麗な英語は話せません)

主人公が書いた『1リットルの涙』よりも主人公の母親が書いた『命のハードル』の方に心がひかれます。今度本屋さんで見つけてみます。

■『オーラの泉』。
こんなすごい番組があっただなんてフミヨさん知らなんだよ。
なんかね、これを見ていると心が正されます。あー人ってきちんと生きないといけないんだなーって思わされます。

基本的にこういうのあまり信用しないというか・・・見えないし分からないって思ってたのに、どうしてだかこれは頭から信用して見ている自分に気付いてびっくり。

歳取ったのかなー。(確実にいろんなことを歳で片付けられる年齢に近づきつつあります、ええ)
見えないものは信用出来ないなんてそんなこと嘘っぱちだと思えてきたお年頃。
見えないものほど大切なものってあるもんね。

余談ですが、これを見始めた当初は面白いんだけど恐くて、恐くて、仕方ありませんでした。何が恐いかって・・・何故だか「これを見た事をきっかけに今まで見えなかったものが見えるようになったらどうするのよぉぉぉ」って気がして仕方ありませんでした。

これを友達話したところ・・・「見えるの?」と聞かれたので「い、いや、全然」と答えたのですが「不思議な体験一度もしたことないの?」と詰め寄られ・・・。「う、うぐぅぅぅ。全くではないのだけれど・・・見えないったら、見えないの!」

そんな感じで恐かったのですが、番組自体にはとても暖かい空気が流れているのでもう大丈夫になりました。(って何が?)

とりあえず鶴見真吾のとこまでは見たので、次のDVDが送られてくるのが楽しみです♪
スポンサーサイト
別窓 | 普通の日々 | コメント:16 | トラックバック:0 |
| ソフトモヒカンAUS |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。