スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ご近所付き合い
2006-05-28 Sun 21:48
私たちの住むユニットの2つ下の階にアフリカンの家族(旦那様・奥様・娘2人)が住んでいるのですが、そこの旦那様のテラが今日昼過ぎに我が家に遊びに来ました。(奥様は看護士さんで、今日はお仕事なのだそう)

この辺には日本人はあまり住んでいないので、ずっと気になっていた様子。
私はいつも挨拶しかしたことなかったけど、旦那とはたまにおしゃべりなんかしてて「遊びに行きたい」と言っていたそうです。

テラは綺麗なクイーンズ・イングリッシュを話す人で、教養が高い感じで明るくいい人でした。

日本人の暮らしに興味があったようで、ありがちだけど「おうちで靴を脱ぐ」というのにビックリしてました。(笑)

それにしてもテラと話して自分の間違ったアフリカに対する認識にビク-リ。

私の思い描いていたアフリカといえば「冬が無く」「というか常夏で」「黒人がほとんどで」「どこでも野生の動物いぱーい」みたいな。

でもテラの出身地であるサウス・アフリカは「殆どの住人が白人で」「気候はシドニーと全く同じ(もちろん冬もある)」そして「昔イギリス植民地だったためクイーンズ・イングリッシュも話す」とのこと。だけど田舎にいけば野生のゾウとかライオンとか見れるらしいよっ。これだけ合ってた。ホッ!

てか、私の最初のアフリカに対する間違った認識って「日本人の普段着は着物で」「日本には今でもサムライや忍者がいる」に匹敵するくらいの間違いじゃね?

うをーーー、もう、人のこと言えない。(恥)
スポンサーサイト
別窓 | 普通の日々 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ソフトモヒカンAUS | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。